05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ouchi-photoのブログ

愛媛県松山市のカメラマン 中村 誠二のブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Manfrottoカーボン三脚購入 

久しぶりに三脚を購入しました。
ManfrottoのMT055CXPRO3-055プロカーボンファイバー三脚3段です。

7b035b5f372d8077f9c4ad16b4f032da.jpg
つい先日まではGITZOのバサルト三脚 GT2941Lをメインに使っていましたが、バサルトという素材のせいか、やわいというかしなるというか、とにかく頼りないのです。GITZO曰く、価格も性能もアルミとカーボンの中間とのことですが、性能は一番下ではないかと思います。使用は慎重に、特に風の吹く屋外ではブレに気をつける必要がありました。(まぁこれはどんなに頑丈な三脚でも同じですが)

x4_7b035b5f372d8077f9c4ad16b4f032da.jpg
今回購入したカーボン三脚ですが、バサルトと比較して、やはりしなりは少ないし、指先で脚を弾いたときの振動のおさまりも抜群にいいです。あと、真俯瞰撮影時にセンターポールを横倒しにして突き出せる点も素晴らしいと思います。ただ、エレベータでの高さの微調整ができなくなるのでその点は不便ですが。

t560x470_055_unlimited_creativity_slide_3.jpg
それから、足の付根部分に太ネジ(メス)が切ってあるので、例えばマジックアームを使用して照明器具を取り付けたり、iPadを取り付けて現場で画像を確認したりなど、有効に使えそうです。

ただ、脚の伸縮のクイックパワーロックですが、実は私はこの方式があまり好きではなく、GITZOのGロックのほうが使いやすいです。どんな向きからでもロック/解除できますし、GITZOの場合、Manfrotto同様に一度に3段を同時にロック解除できます。まぁ慣れの問題なので大丈夫でしょうけど、、、。

今手元にある三脚はこの2本とハスキーのハイボーイ4段、ベルボンのMark7 SVですが、ベルボンは殆ど使ったことがありません。これからもハイアングルはハスキー、それ以外はManfrottoとGITZOで行こうと思っています。
スポンサーサイト
カメラ・機材  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。