01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03

ouchi-photoのブログ

愛媛県松山市のカメラマン 中村 誠二のブログです

ロケカート 

毎年この時期は大学や専門学校の学校案内の撮影をさせていただいてます。いつもたくさんの機材を担いでキャンパス内を移動しながら撮影するのですが、これが結構ツライ。いつも拝見させていただいているアイディア機材満載のブログ、39medakaの中のBenロケカートを参考に、私もロケカートを作ってみました。IMG_0711.jpg
IMG_0712.jpg
やはり!?見た目はよろしくないものの、これで移動しながらの撮影が比較にならないくらい楽になりました。Benロケカートよりは積載量が落ちますが、私は野外ロケでノートパソコンを使うことは滅多にないのでこれでOKかと。また、これならなんとか階段にも対応できます。(かなりしんどいですが)ロケカートのいいところは現場に着いたら即座にスタンドを引き抜いてライティングができること。これは癖になるほど楽です。

スタンドケースを地面に置いてファスナー広げて・・・・という作業が腰痛持ちの私には結構ツライのです。また現場に着いてもお店を開くことなく(笑)そのままの状態で機材の出し入れができるので場所を取りません。(下のアルミケースは通常使わない予備機材やバッテリーを入れています)

IMG_0716.jpg
キャリーカートはキャンプ用品で有名なCAPTAIN STAGのマッスルキャリー60です。
耐荷重60kgの頑丈なキャリーですが、積載面が狭いので、コンパネを切ったものを乗せて広くしています。スタンドを挿している紙管はホームセンターで売られている直径20cmのもの。それを適当な長さに切ってマジックテープのベルトで連結しただけの超簡単なものです。

こんな単純なロケカートですが、スタンド4本、アンブレラ4本、SDバンク2本、レフホルダー、3×6サイズのディフューザー、三脚、カメラボディ2台、レンズ6本、クリップオン3灯+ST-E2、ラジオスレーブなどが積載されています。

本番使用はまだ1回ですが、これからは大いに活躍してくれそうです。
カメラ・機材  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top