10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ouchi-photoのブログ

愛媛県松山市のカメラマン 中村 誠二のブログです

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

フルサイズのピントはシノゴ並み ! ? 

昨日今日と、地元専門学校のパンフレット用撮影でした。ラフを見る限り、バックをぼかしたピントの浅い写真が多く使われていたので、カメラは迷わずフルサイズのEOS 5D MarkIIを選択しました。しかしこれがまたピントのシビアなこと。三脚据えてじっくり撮る分には問題ありませんが、室内で感度を上げて手持ちスナップともなると、撮影したカットの2/3以上が微妙にピントが甘い・・・なんてこともあります。使えないほど甘いわけではないのですが、私的にはスッキリしません。

私の腕が悪いのか、カメラのAF精度が悪いのか、、、どちらにしてもシビア過ぎる。昔シノゴを使ってた頃とちょっとだぶる感じがします。もちろん冠布被ってルーペでピントを合わすような手間はないですが、ピントのシビアさはシノゴに近いものがあると思います。(バックタイプなんてどんなんだろ?) なので私は三脚据えて撮るときは、ライブビューで目一杯拡大して(ライブモードもしくはマニュアルで)ピントを合わせるようにしています。ジャスピン(もう死語かな・・・)のときは本当に素晴らしい描写をしてくれますので。

今回の撮影はすべてフルサイズの5D2を使用しましたが、やはり用途に合わせてAPS-Cサイズセンサーのカメラを併用すべきだったと思います。こちらなら感度上げて手持ち撮影でも楽勝です。でもね~、画質にこだわるとついついフルサイズを使ってしまう今日この頃です。
スポンサーサイト
写真  /  tb: 0  /  cm: 5  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。